喫煙時たばこ臭の発生原因とは。たばこの煙は悪臭成分だらけ?!


ヘビースモーカーでなくても、
喫煙者なら一度は感じたことのある「たばこ臭」

たばこ特有の臭いとは別に口臭と混じり何とも言えない臭い。

喫煙者本人が感じるのだから非喫煙者はなおさら臭いを感じます。
さらに、たばこの煙は副流煙の方が有害物質を含んでいるとも言われています。

たばこがこの世からなくなることはないでしょう。
たばこ臭を抑えることは可能です。

この記事では、たばこ臭の発生原因、たばこの煙が持つ悪臭成分に、
口臭を根本的に改善する方法をご紹介していきます。


たばこ臭の発生原因とは

たばこの煙の中には、4000種類以上ものガス成分が含まれていると言われています。

ガス成分は、肺胞に吸い込まれ、血中に滞留するようになります。
喫煙直後の吐く息にこれらガス成分が含まれた状態で吐き出され、
これがよく言う「たばこ臭」の正体です。

たばこ臭自体、悪臭だと感じないかもしれませんが、
たばこ臭とはまた違った悪臭を、口腔内で喫煙者なら感じたことがあるかもしれない。
それが、口腔内細胞の生産物によるものです。


喫煙後のたばこの煙に含まれる悪臭成分について

たばこの煙の中に含まれる、粒子物質(タール)やニコチン等は
悪臭成分の元となる硫黄や窒素元素を含んでいます。

これら成分が口腔内に付着すると、舌や口腔内側面に生息する細菌の採用によって、
ガスを産生し、混ざり合って独特な臭いを発生させています。

たばこ臭だけでなく、たばこの煙に含まれるガスが細菌と作用して
新たなガスを発生させる、2段階の口臭発生メカニズムとなります。

さらに、喫煙中は口呼吸をしながらたばこを吸っているため、
喫煙後の口腔内は乾燥状態にあります。つまり、唾液が枯渇している状態です。

結果、タールなどは舌表面や歯の表面、咽頭の表面粘膜に頑固にこびりつき、
喫煙後しばらく時間が経つとそのタールによって、焦げたような悪臭となります。

これも悪臭成分となるガス発生メカニズムです。


さらにたばこの煙が持つ有害物質とは

たばこの煙は、タールやニコチンなど悪臭成分だけでなく、
有害な顆粒成分も大量に含まれています。

ヘビースモーカーの方なら経験したことがあるかもしれませんが、
たばこの吸い過ぎは、喉を慢性的な炎症状態にしたり、痰などが出やすくなってしまいます。

それに加えて、喫煙によって口腔内は乾燥しているために、
喉の奥周辺から炎症生産物より排出される生臭い臭気も口臭の原因となります。

たばこに含まれるニコチンはすぐに口腔内粘膜から吸収されるため、
血管収縮作用が起こり、唾液分泌量も低下してしまいます。

唾液の生産も悪くなり、口腔内の自浄性が保てなくなるため、
たばこを吸っていない時でさえも口臭を発生しやすくしてしまいます。


誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります

たばこ臭、たばこの臭いに含まれる悪臭成分についてご紹介してきました。
喫煙者ならまだしも、非喫煙者にまで影響してしまうたばこ臭。

たばこを吸っている人は臭いですぐに分かるほど、
強烈な口臭を発しますが、喫煙者自身は気づかないケースもあります。

口臭をどうにかしたい、しかしたばこは止められない。

そんな口臭の悩みを解消したい方に、
自宅に居ながら誰にも知られず出来る口臭改善法をご紹介します。

わずか3日間の口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、たばこ臭の苦しみから抜け出して、
周りに迷惑かけない健康な生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ