口臭はストレスが溜まるほど臭うのを知っていますか?


口臭が発生する原因にはいくつかありますが、
日常生活の中での原因が特に多く存在します。

それは、「ストレス」です。

歯を磨かないとか、虫歯、歯周病になった原因で
口臭が発生するのはよく耳にしますが、
ストレスが原因で口臭が発生することをご存知でしょうか。

ストレスを抱えれば抱えるほど口臭は発生し、
臭いガスを口から放出することになります。

口臭発生の原因となるストレスのメカニズムと
口臭改善法までご紹介したいと思います。


ストレスを溜めないことが口臭の改善法

ストレス状態はどういった状態のことを言うのか。
ストレスは、ネガティブな感情が引き金となって身体に負担がかかること。

心配、不安、怒り、無力感などはネガティブな感情が精神を疲れさせ、
自律神経失調症を引き起こします。

精神や体の疲労は、気が張ったり、筋肉が凝ったりという形で現れますが、
これらは一種の身体の緊張状態であると言えます。

この状態とは、人間が何かをしゃべらないといけない時の緊張状態とイコールです。
この時、のどはからからで、からからになるということは唾液の量は極端に減ります。

唾液が極端に減ると口臭が発生します。
これは、唾液の持つ細菌の繁殖を抑える効果が減ってしまうため、
結果的に口臭が発生してしまいます。

乾燥状態や舌の縁や頬の内側、あるいは菌のすり減り方などを観察すると
その人が今ストレスを抱えているのかが、おおよそ察知できるということです。


緊張状態よりリラックス状態を維持する

ストレスを抱える、つまり緊張状態になってしまうことで
唾液が減り口臭が発生するメカニズムでした。

では、緊張状態を解きリラックス状態を維持するためにはどうしたらよいか。

身体でのリラックス状態を「副交感神経が優位」が呼ばれます。
副交感神経は、人がリラックスしている時に優位になる自律神経で
この時に唾液は特に出がよくなります。

簡単に言うと、ストレスを抱えないようにすると
口臭も発生しないようになるため、リラックスとなる方法や
ストレス発散法を編み出すことが口臭改善法につながります。


500人以上が実践のわずか3日間の口臭改善法

口臭の発生原因であるストレスとその改善法までご紹介しました。
現代社会はストレス社会とも言われており、なかなかストレスの発散は出来ても
ストレスを抱えない生き方は難しいかもしれません。

しかし、口臭の改善法には、ストレスなどの外部的要因とは別に
あなたご自身でもできる簡単な改善法があります。

今までに500人以上が実践しわずか3日間で改善した体質改善プログラムをご紹介します。

あなたも、ストレス社会から抜け出し、
口臭のない健やかな生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ