緊張時に口臭が発生するストレス性口臭とは?発生原因と特徴


生活を営む上で必ず「口臭」は発生してしまいます。

起床時、食事の後、空腹時、ダイエット中など、
あらゆるシーンで口臭が発生、生活を悩ませています。

さらに厄介なのが、口臭は自分ではなかなか気づかないという点。
相手は気づいても自分は気づかないため、相談することもできない。

そんな口臭もストレスを抱えても発生する口臭があります。
それが、「ストレス性口臭」と呼ばれるもの。

この記事では、ストレス性口臭の発生原因と特徴、
具体的な口臭改善法までご紹介したいと思います。


口臭発生を抑制する「恒常性維持機能」

普段の口の中の衛生状態や環境をベストに維持する機能が、
恒常性維持機能(免疫機能、自浄作用など)を呼ばれます。

この恒常性維持機能は、新鮮なサラサラした漿液性唾液の
絶え間ない生産によって維持されています。

血液が体の隅々まで滞りなく流れることで全身の生命維持活動が保たれているように、
唾液の流れ、作用によって口腔内は口臭発生を抑制するベストな状態に維持されています。

恒常性維持機能は、自律神経系の作用によって無意識にコントロールされています。


ストレス性口臭の発生原因と特徴

しかし、ストレスを感じると自律神経は交感神経優位(緊張やストレスを感じている状態)となり、
唾液の円滑な流れ(安静時唾液硫)が停止してしまいます。

その結果、口腔内はねばねばしてきて、同時に新鮮な唾液に含まれている酸素は
善玉菌である好気性菌によって、消費されてしまいます。

入れ替わりに、それまでは活動していなかった
悪玉菌である酸素を嫌う嫌気性菌の活動が活発になり、不快な口臭が発生してしまいます。

つまり、ストレスによって交感神経優位となると
唾液の出が悪くなり口臭が発生する。これがストレス性口臭の発生原因です。


自律神経の乱れ(ストレス)は口臭の温床

さらに、口を閉じた状態が続くと、口腔内は洗浄されず
唾液も出なくなり、どんどん口臭ガスがたまっていきます。

こうして、ストレスがかかる時間が長いほど口臭はひどくなっていきます。

緊張状態が続くと、口腔内に自然発生した口腔内ガスが飽和状態となり、
口腔内臭気は最高濃度に達し、口臭は少し息をしただけでも臭いがしてしまうほどに。


誰にも知られず自宅で出来る口臭改善法があります

ストレス性口臭の発生原因と特徴についてご紹介してきました。

ストレスを抱えても口臭が発生してしまうため、
心のケアと口腔内ケアを欠かさないようにしなければ、
口臭は放置されたまま改善することは難しくなります。

口臭ケアだけでなく、
ストレス発散を見つける心のケアも大切だということです。

しかし、口臭は相談しずらい厄介な臭いです。
特に女性は、デリケートな悩みなだけに1人で悩むケースが多いです。

そこで、誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法をご紹介します。
わずか3日間で口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、ストレス生活からおさらばして、
口臭に悩まされない当たり前の生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ