口臭は低濃度でも悪臭と判断される?その理由と改善法


日常的に発生する「口臭」。
あなたは気づかなくても他人は大いに気づいています。

あなたが気づかないのは自分の口臭に慣れてしまっているため。
簡単に言うと麻痺している状態です。

しかし、相手はあなたの口臭は初めて嗅ぐわけなので
口臭の臭さをダイレクトに感じます。

では、なぜ口臭はここまで悪臭なのでしょうか。
その他体臭に比べて口臭が臭いをする理由は何なのか。

口臭が悪臭と判断される理由から
口臭を改善する方法までご紹介したいと思います。


口臭の代表的なガス「メチルメルカプタン」

口臭の代表的な臭いとして知られるメチルメルカプタンは
腐った玉ねぎのような臭い
がします。

このメチルメルカプタンが生成される口腔部位は、
舌の舌苔という部分で、食事後の残りや口腔の粘膜の剥がれたものなどを
好んで食べ、嫌気性菌や一部の酵素により生産されます。

腐った玉ねぎの臭いがするほどの悪臭ですが、
すべての人が悪臭と感じる時の濃度は実に低い数値になります。


低濃度でも悪臭を感じる理由とは?

では、このメチルメルカプタンが低濃度でも
存在を判断できるというのは何の意味があるのでしょうか。

実は、あのアンモニアやマニキュアなどに使われるアセトンは
高濃度であるのに悪臭はありません。

悪臭の正体は、人間の生命維持活動上、何らかの危険を予知する兆候
とも言われています。

そのため、口臭をただのエチケットや予防策などで対処しようとすることは
本来の身体の信号を見失っているといっても過言ではありません。

口臭が発するガスは、「嗅診」と呼ばれる診療方法を用いて
病気を早期発見する医学が進んでいます。

人間が発するガスは、何らかの理由があって生成されます。
口臭もその1つであり、注目されるガスの1つです。


自宅で1人こっそり出来る口臭改善法があります。

口臭の代表的なガス「メチルメルカプタン」と
口臭が低濃度でも悪臭を発する理由までご紹介しました。

口臭は病気を早期発見に用いるほど医学的にも注目される生体ガスです。
実はあの人口臭がキツイと感じているのには理由があるのかもしれません。

しかし、口臭がキツイのは変わりありません。
無臭であることに越したことはなく、無臭である=健康の証ともいえます。

そこで、デリケートな口臭の悩みを
誰にも相談することなく、1人で簡単に改善する口臭改善法をご紹介します。

わずか3日間で口臭の根本原因を改善する体質改善プログラムとは?

あなたも、キツイ口臭ともおさらばして
健康で自分らしい生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ