口臭は人間だけに発生する臭いであることを知っていますか?


起床時、食事後、空腹時、
さまざまな場合に「口臭」は発生します。

口臭は、人間の体臭の中でも特殊な臭いです。

動物にも臭いは発しますが、
特殊なだけに実は人間だけが発する臭いであることを知っていますか。

この記事では、人間にしか発生します口臭のメカニズムと
誰にも知られず1人で出来る口臭改善法をご紹介したいと思います。


人間だけが起こる口臭の発生メカニズムとは

人間だけが口臭を発生させるメカニズムは、
「呼吸の仕方」と「言語」にあります。

本来、消化器官にあたる「口」で呼吸できる生物は人間だけだと言われています。

もちろん、犬や牛などの哺乳類でもゲップをすれば悪臭がすることはあります。
ペットの口の中を嗅いでみると臭いと思うことがあるかもしれませんが、
そもそも人間以外の動物は会話できないので口臭には当たりません。

口臭とは会話の時に起こる臭いが原因とされています。


生物の呼吸方法について

生物が生きていく上で必要不可欠な呼吸は、通常呼吸器官によって行われます。

昆虫は、胴体の周囲にある気門と呼ばれる気管呼吸をする無脊椎動物の
体表に開く気管の開口を介して呼吸をしています。

鳥類は、空気の通る鼻から肺につながる気道が呼吸器官に当たります。

哺乳動物は、鼻から息を吸い込んで肺に送り、
肺から排気された呼吸は鼻から出されています。

人間も哺乳動物同様、呼吸は鼻呼吸です。

口は消化器官なので、口に入った食べ物は食道を通って、胃に送られます。


哺乳動物の特殊な呼吸方法について

哺乳動物の場合は、食べ物も呼吸をする時の空気も喉の奥の交叉している場所を通ります。
哺乳動物は、経過とともに進化を遂げ、生きていくための術を発達させました。

それが、食べ物は食道に、空気は気管に送られるように切り替える弁があります。

この切り替えが上手くいかないと、間違って気管に食べ物が入る危険性があります。
肺にまで到達すると誤嚥性肺炎になってしまい、命の危険にさらされることになります。

身体の生理機能として、確実に切り替えができるようになりますが、
口と気道、口と食道を切り替える弁を「喉頭蓋」と呼びます。

進化の過程で、四足動物は顔が地面と平行ですが、
人類は進化して二足歩行へと変化したため、顔と地面の角度が直角になりました。

その結果、本来なら口と気道、口と食道を分離できていたはずの喉頭蓋の長さが
短くなり、もともと鼻の中にあるべき喉の奥の咽頭がずれて、鼻でも、口でも、食道でもない
大きな空間ができてしまい、喉頭蓋は中途半端な蓋になってしまった歴史があります。

さらに進化の過程で、その短さを補い、塞ぐために、口の天井の後ろの端にある「軟口蓋水(なんこうがいすい)」が
伸びてきましたが、それでも塞がらず、結果的に口でも呼吸ができるようになったとのことです。


人類が発声する歴史は口呼吸にあり

人類の進化の過程で、もともとは喉頭蓋があったものの
二足歩行の影響で、塞がらなくなり口でも呼吸ができるようになったと言われています。

口で呼吸できるようになり、会話・コミュニケーションという手段が取れるようになりました。

その結果、吐く息に交じって口の中の臭いや
鼻の中の臭いを発しながら会話するために口臭が起きることになります。


誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります

人類の進化の過程で変化した、呼吸器官と口臭の関係についてご紹介しました。

会話が出来るのは人類だけであり、つまり口呼吸をもって息継ぎを行うため、
会話の度に「口臭」が発生する格好となりました。

体臭はどんな動物でも臭いがしますが、
口臭は人間にしか発生しないメカニズムが見えてきましたが、
会話をしない訳にはいきません。

では、常に口臭と付き合っていかなければいけないのか?

口臭で悩み苦しむあなたに口臭改善法をご紹介、
誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります。

あなたも、口臭の悩みから抜け出して、
生き生きとした自分らしい生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ