飲酒後も口臭発生!お酒好きに朗報のわずか3日間の口臭改善法とは


お酒が好きで飲まないと1日が終わらない。
毎週末は飲み会!お酒も進む。

多くの方が「お酒」が好きで、
飲んでは楽しい時間を過ごしていることでしょう。

しかし、楽しい時間の反面、口の臭いは着々と忍び寄っています。

飲食後、特に翌朝の口臭に気づいたことはありますか。
独特の口臭があると思います。
全てはお酒(アルコール)の仕業です。

口臭は悩まされる、しかしお酒は止められない。
そんな、お酒好きに朗報の口臭改善法があります。

この記事では、お酒による口臭発生の原因から、
わずか3日間の口臭改善法までご紹介したいと思います。


飲食による口臭発生メカニズムとは

飲み会の席で必ず出てくる「お酒」。

好きな人も嫌いな人も基本飲むものですが、
飲むのと同時に口臭が体内で着実に生成されています。

さらに、お酒の量が過ぎると二日酔いとなり
翌日まで臭いは引きずってしまう、むしろ翌日の方がひどいケースがほとんどです。

アルコール自体は悪臭要因ではありませんが、体内で代謝され、
アセトアルデヒドや発揮性脂肪酸と混在するようになると、
あの独特のお酒臭さが口臭となって発生してしまいます。

さらに、血中(呼気)にメチルアルコールが産生されることも言われています。
お酒は適量ならまだしも、飲みすぎは口臭だけでなく身体まで蝕む恐れがあります。

警察が夜検問を行い、飲酒運転を取り締まる時、
吐く息に含まれるメチルアルコールの量を測定することで
飲酒をしているかどうかが分かるようです。


お酒と一緒に「水」を飲む習慣をつける

では、お酒、アルコールによる口臭発生を抑えるために
効果的な方法はあるのでしょうか。

それは、「水」を摂取するということです。

アルコールを摂取すると体内から水が奪われます。
それはアルコールを分解しようと大量の水を必要とするからです。

体内から水が減ると口臭を抑制、自浄作用のある唾液が不足し、
口腔内は一気に乾燥していきます。

すると、口臭ガスの発生原因菌が増殖し、口臭が発生。
アルコールの臭いと混じって何とも言えない独特な口臭が発生してしまいます。

お酒を飲みながら、水(チェイサー)を飲むのはごく自然なことなので
周りの不思議には思わないですし、お酒を水で割るのもよいでしょう。


誰にも知られず自宅で出来る口臭改善法があります

お酒(アルコール)と口臭の関係についてご紹介しました。

お酒が好きでも口臭が悩みという方は多くいます。
そんな方の改善法としてはお酒と一緒に「水」を飲むということ。

お酒による水不足も補うことが出来ますが、
摂取するお酒の量が多ければ追いつかない場合もあります。

結果、口臭が発生してします。

さらに、口臭は人に相談しづらい側面をはらんでいます。
特に女性は、デリケートな悩みなだけに1人で悩むケースが多いです。

そこで、誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法をご紹介します。
わずか3日間で口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、お酒は今まで通りで口臭だけ撃退して
悩みのない楽しい飲み会、人生を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ