食事後のニンニク臭を消す方法があります!自宅で出来る口臭改善とは


食事をすると誰でも口臭が発生します。

しかし、食事の度合いによって口臭の濃度も変わってきます。
高濃度になってしまう食品の代表格が「ニンニク」です。

メニュー全般に使われるニンニク。
スタミナ補給やがん予防、血栓予防としても効果が期待され、
全般で活躍するため、知らない間に摂取していることもある位です。

そんな健康を助けるニンニクのデメリットは強烈な口臭です。

摂取した当日から強烈な口臭を放ち、
次の日にまで引っ張ることもほとんどです。

ニンニク料理は好きだが、口臭をどうにか消したい!

そんな方に、ニンニクの発生原因と
口臭を誰にも知られず1人こっそり出来る改善法をご紹介します。


強烈な口臭を放つニンニクの発生原因とは

食事と口臭との関係で切っても切れない関係がニンニクです。

ネギやニンニクには、硫黄を含むアリインが含まれており、
これらが酵素のアリナーゼによって分解されて、各種の硫黄化合物、アリシンに変化し、
あの強烈なニンニク臭として口臭発生すると言われています。

ニンニク臭の発生メカニズムとは、すり下ろし生ニンニクを摂取すると
口臭ガスとして認められている、

  • ジアリルトリサルファイド(ジアリルトリスルフィド)
  • アリルメチルサルファイド(アリルメチルスルフィド)
  • ジメチルサルファイド(ジメチルスルフィド )

それぞれ有機硫黄化合物の成分がピークに達し、口臭ガスは高濃度化。

生体代謝および腸内細菌による代謝産物が吸収される結果、
血中レベルが上昇し、揮発性硫黄化合物が呼気に強烈な口臭として発生したと考えられます。


食事後の口臭原因の1つは「食べ残し」

最近、食べ物は食品の加工技術が発達し、とてもやわらかくなっています。

そのため、食事後の口腔内は多くの食物残渣が微細な顆粒状となり、
舌の上や頬の間に残り蓄積してしまいます。

食後に口臭が発生するのはこれらの
食べ残しが原因で発生
することが考えられます。

さらに、食後に歯磨きをしても、舌の上、頬の間に挟まっている、
微粒子の食物残渣は完璧には取り除くことは難しいです。

唾液には、アミラーゼという消化酵素が含まれており、
この酵素によって、これらの食物残渣が分解されると酸が産生されてしまいます。

食物の成分によっては、硫黄や窒素を含むガスが産生され、
口臭を引き起こすことが多くなると言われています。


誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります

強烈な口臭を放つニンニク臭および食事後の発生原因についてご紹介しました。

ニンニク臭は、血中に取り込まれると体内にニンニクの口臭成分が
行き渡り、口臭を根本的に消し去るのは難しくなってしまいます。

さらに、食べ残しがあまりに多いと
ダブルで口臭がきつくなってしまいます。

そんな強烈な口臭を根本的に改善する具体的な方法をご紹介します。

誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法、
わずか3日間で口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、ニンニク料理後の口臭を気にしない、
好きな料理を好きなだけ食べる生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ