誰も知らない!正しい口臭予防と改善法


口臭を抑えるために、口臭予防を実践している方。
その実践内容は正しい方法でしょうか?

実に半数以上の方が間違った口臭予防を行っており、
正しい口臭予防を知らないまま実践をしています。

これでは、時間とお金の無駄です。

正しい口臭予防を実践して、早期に口臭とおさらばし、
口の健康を保ちましょう。

ここでは、正しい口臭予防と改善法についてご紹介したいと思います。


口臭予防に重要な「唾液」

口臭予防で重要なものは、「唾液」です。
唾液が出る、出ないは自律神経がかかわってきます。

自律神経の活動が活発(交感神経優位)になると唾液は出なくなります。
一方、副交感神経の活動が活発になると唾液がよく出るようになります。

交感神経が優位とは、ドキドキ、緊張状態、ストレス状態など、
緊張すると唾液はでなくなり口が乾燥してきます。

乾燥することで口の中で菌が繁殖し、口臭が発生してしまいます。
特に、舌の上に潜んでいる菌が出すガスの臭いがくさい口臭になります。

唾液がたくさんある時は、細菌の発生を抑える効果があるため、口臭が発生しづらくなります。

唾液が減って舌が渇くと一気に臭いが吹き上がります。

一方で、副交感神経が優位とは、リラックス状態の時を指し、
放心状態の時に口が半開きになっても、唾液がよく出るため、口臭予防になります。

唾液の出を良くする以外にも
予防は、歯科医院で治療を受けたり、専門家に定期的にクリーニング、
菌の量と質をコントロールするなどがあります。


唾液を減少させるストレスとは?

唾液が口臭予防であることをご紹介しました。

唾液をよく出すために、副交感神経を活発にさせる必要がありますが、
知らず知らずのうちにストレスを口に与えてしまっている行為があります。


お茶、コーヒーは逆効果

口臭予防として、お茶をしっかり飲みましょう!と聞く時がありますが、
これは、口臭予防大失敗です。

緑茶には緑茶カテキンが含まれており、これには消臭作用が確かにあります。
しかし、同時にカフェインも含まれ、このカフェインには強い利尿作用があります。
飲めば飲むほど、トイレが近くなる。

そのため、唾液になるはずの水分まで全ておしっことして流れ出てしまいます。
結果、唾液がなくなれば、舌が渇き、細菌も増殖し、口臭が発生してしまいます。

お茶やコーヒーは、リラックス効果もあり、
唾液は出る方向に働くかと思いきや利尿作用というストレスを与えていることになります。


水をあまり飲まない

喉が乾いたら「水」が最適です。

人間の体は水に依存し、水は唾液に直結します。
化学物質が入っていないというのは、水分のろ過装置である腎臓を水は素通りでき、
また利尿作用のように無駄な作用もないため、唾液になることを邪魔するものが一切ありません。

また、寝起きや風呂あがりは汗とともに水分を失っています。
必ず水分補給を行って、唾液の生成に役立てましょう。


500人以上が実践のわずか3日間の口臭改善法

口臭予防に重要な唾液と間違った口臭予防についてご紹介しました。

唾液の発生のためには、リラックスが必要ですが、
飲み物は内容に要注意です。

何も化学物質のない「水」を摂取することがとてもおススメですが、
さらに、口臭をわずか3日で根本的に解決する体質改善プログラムがあります。

あなたも、今すぐ無駄な口臭予防は止めて、
口の健康も保ちながら健やかな日々を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ