口臭を抑えるためには朝食が重要なのをご存知ですか?


口臭が発生する原因にはいくつかあります。

信じがたいですが、
「朝食をとらない」というのも口臭が発生する原因にあたります。

朝食を取らないことによる
口臭発生のメカニズムについてご紹介したいと思います。


朝食を食べないというストレス

まず、口臭が発生するメカニズムに「唾液」が密接にかかわっています。

唾液は、口臭を発生させる病原菌の働きを抑える効果があります。
唾液がなくなれば、病原菌のガスが口の中に充満したちまち口臭が発生してしまいます。

つまり、この唾液がなくならないために努力が必要不可欠です。

次に、唾液の分泌は、自律神経によって支配されています。

自律神経には2つあり、「交感神経」と「副交感神経」とがあり
唾液の分泌は「副交感神経」の働きが活発なときに分泌されます。

この副交感神経の働きは精神的ストレスや緊張によって途絶えてしまいます。

よって、精神的ストレスや緊張を助長してしまう行為が
「朝食をとらない」というストレスに当たります。

朝ごはんを食べる、行為にはさまざまな意味があります。

空腹を抑える、血糖値を上げる、日常生活に臨むエネルギーを作り出す、
食べ物をみる、食べ物の匂いを嗅ぐということ自体に胃や腸の1日の活動を開始させる作用があります。

それだけでなく、食事を取ると唾液があふれ、それに伴って胃や腸の消化活動は始まります。

消化活動も自律神経が行うことなので、
食べる行為はつまり自律神経が活性化する作用にあたります。

結果、唾液を作る準備を整えてくれます。


体の疲労というストレス

夕方になると口臭がひどくなる経験はありませんか。
これは、ストレスによって、水分代謝が鈍くなるのが原因により発生する口臭です。

ここでも唾液が減ってしまっているため、水分の補給や
自律神経を活性化させる必要があります。


健康で健やかに口臭を改善する体質改善プログラム

朝食を取らないことで発生する口臭のメカニズムについてご紹介しました。

口臭の発生はさまざまですが、ストレスも口臭発生の大きな原因にあたります。
それは唾液を減らす行為につながるため。
ストレスを溜めない方法を取り入れることで問題は解決されますが、
ストレスをなくすこと自体は容易なことではありません。

より根本的な口臭改善が必要となります。
しかし、最短3日間で口臭を根本的に改善する体質改善プログラムがあります。

あなたも、口臭を根本的に改善して、
ストレスフリーの健やかな日々を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ