口臭の2大発生原因!「生理的口臭」と「病的口臭」とは?


口臭がなぜ発生するのか考えたことはありますか?

口臭の発生原因にはいくつかあり、大きく分けて
「生理的口臭」と「病的口臭」の2つがあります。


生活する上で誰もが発生してしまう臭い 生理的口臭

簡単に言うと生理現象と同じように臭いがしてしまう「生理的口臭」。

起床時は口の中は細菌まみれです。寝ている間に細菌が膨大な数に膨らみ、
寝起きは臭うのは当たり前です。

口臭は、口の中に何かしらのにおい成分が溜まって起きますが、
下記、体質の変化によっても口臭は発生してしまいます。

・思春期には、性ホルモンが充満し、男子も女子も体臭や口臭が臭い始めます。
・お腹がすくと口臭が発生しやすくなります。
・疲れ、ストレスが溜まると口臭が発生しやすくなります。
・緊張すると口臭が発生しやすくなります。


女性ホルモンと生理的口臭

女性ホルモンの周期にも口臭は影響を受けます。
特に生理前、生理中、独特の口臭が発生しやすい時期


タバコと生理的口臭

タバコを吸う人は、息が当然ですが、タバコ臭くなります。
タバコの成分である、ニコチン、タールがこびりついて、タバコは肺からも口からも臭います。
タバコのニコチンやタールは、肺にこびりつくため、タバコ臭は一生取れないとも言われています。


食べ物と生理的口臭

強烈なもので、ニンニクやニラを食べたら臭いがします。

これは、口の中に残った臭い成分が吐く息とともに出るのもありますが、
ニンニクの匂い成分が胃腸で吸収され、血液の中に溶け込み、それが肺から出てくるのも原因になります。
例えば、息と汗がニンニク臭になってしまいます。

これらを生活する上で誰でも発する臭いを生理的口臭と呼びます。
常にあるものではなく、年齢だったり、生理だったり、口臭をなくすことは難しいです。


骨を溶かす歯周病菌 病的口臭

生理的口臭と対照的に完全に病気にかかったがために起きる口臭を「病的口臭」と呼びます。

口臭を発生させる病原菌になる、虫歯や重症だと歯周病が口臭の原因になります。

虫歯とは、歯に空いた穴の中で腐敗が起こっていること。
歯周病とは、歯茎が腐り、歯を支える骨が膿にまみれていくこと。

虫歯は歯をとかし、歯周病は骨を溶かす恐ろしい病気です。

これらの菌が歯の健康を阻害し、口臭まで発生させます。


生理的、病的口臭を改善する体質改善プログラムとは

口臭発生の2大原因である生理的口臭と病的口臭についてご紹介してきました。

口臭はいつからともなく発生し、生活を脅かすものです。
誰でも一度は悩んだことでしょう。

年齢問わず、生活に支障をきたす症状であるため
早めに改善しない手はありません。

さらに、意識するだけでは治らないため、改善のための行動が必要です。

これまで、500人以上が実践し効果を実感した口臭改善のための
体質改善プログラム
をご紹介します。

あなたも、年齢問わず口臭に悩まない身体を手に入れて
健やかで当たり前の生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ