間違いだらけの口臭対策は今すぐ止めてください


口臭が気になり、さまざまな対策が出回っていますが、
間違った口臭対策を続けていても効果が全くないどころか
口臭がひどくなることをご存知でしょうか。

口臭は正しい知識を持って対策をすべきであり、
知識がないまま行うと「口臭がなくなったつもり」になってしまいます。

ここでは、口臭対策でやりがちな間違った対策と
改善法までご紹介したいと思います。


ガムやフリスクでは口臭対策にはならない

食事後の口臭が気になる方でよくガムやフリスクを噛む人がいます。

これは、ガムに含まれる含有物(ミントやフルーツなど)が作用して
一時的に爽やかな香りを放ってくれますが、
噛めば噛むほどこの含有物もなくなるため、また時期に口臭は発生してしまいます。

ガムやフリスクは一時的には効果がありますが、
口臭の根本的な原因の解決にはなりません。

ごまかせない臭いが口臭になります。

さらに、ガムを噛むことで唾液が出て、口臭発生抑制に効くことも聞かれますが、
このガムに含まれる主成分に「砂糖」や「ブドウ糖」など甘いものが含まれていると要注意です。

砂糖は口臭の原因菌を増殖させる温床です。
時期に虫歯となり、歯が溶け、腐った腐敗臭が漂ってきて、
治療のため、歯を削る、もしくは抜歯しなければならいない事態になります。

これらを防ぐためにも、噛むガムにも主成分を注意深く見る必要があります。
今では、キシリトールガムなど歯に優しいガムが多く出回っているため、
それらを噛むことをおススメします。


マウスウォッシュはNG

焼肉に行くとトイレにほぼ必ず置かれているマウスウォッシュ。

ミント味が爽やかで、まさに口臭に効いている感じがしますが、
このマウスウォッシュのミントもわずか20分程度しかもたず、また口臭がしはじめます。

焼肉帰りに猛烈な口臭がするのは、そもそもの原因を解決できていないからです。

さらに、マウスウォッシュ同様、うがうタイプの口臭対策で、
うがい薬があります。

こちらも、市販のうがい液には、アルコールが入っているのが多く、
お酒などアルコール類を飲むとトイレが近くなるのと同様に、
うがい薬もアルコールによって水分が失われ、乾燥するため
うがいすればすれほど唾液は奪われてしまいます。


わずか3日間で口臭を消す体質改善法

やりがちな間違った口臭対策についてご紹介してきました。

口臭対策は、根本原因を理解して正しい対策をしなければ
口臭を改善するどころか、よりひどくなってしまう事態も引き起こす可能性があります。

そのため、正しい改善法を身に付ける必要があります。
今までに500人以上もの口臭に悩む人を改善してきた体質改善プログラムをご紹介します。

あなたも、口臭に悩まない健やかな日々を過ごして、
堂々と人と会話を楽しみたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ