口臭対策にガムを噛むのは今すぐ止めてください!


口臭対策のためにガムを噛む人は多いのではないでしょうか。

しかし、一歩間違えたら口臭対策どころか口臭を悪化させることになるかも
しれないことをご存知でしょうか。

今すぐガムを噛むのを止めてください。

口臭対策にならないガムから
噛んでいいガム、ダメなガムについてご紹介したいと思います。


口臭対策とされるガム、タブレット、飴、トローチ

口臭対策としてガムが推奨されている時がありましたが、
噛むガムを間違えると口臭対策は逆効果になります。

理由として、2つ挙げられます。


ガムなどには砂糖が含まれている

ガムやタブレットには、砂糖が含まれており、
甘いものを食べると喉が渇いてきます。

砂糖を代謝して、砂糖成分を体外に出そうとするときに大量の水が必要になります。

お酒のアルコールを分解する時出も同様で、お酒を飲むと喉が渇くのは
身体がアルコールを分解するために水を必要としているからです。

結果、水を体外に排出するため唾液がなくなります。
水分補給もせずにガムをかみ続けるとどうなるか?


唾液が出なくなり虫歯原因

唾液のもとの唾液膜が空っぽなのに無理やり唾液を出そうとしても出るはずもなく、
さらに、砂糖が虫歯を引き起こす最高の材料(原材料に水あめ、ブドウ糖)であるため、虫歯も発症し
菌が増殖。病的な口臭が発生してしまいます。

本来ならば、唾液は菌の増殖を抑える効果があるが、
ガムのせいで唾液の出も少なくなり、結果的に虫歯も出来て口臭もできる最悪の状態になってしまいます。


ジュースや炭酸飲料も口臭原因

ジュースにも沢山の砂糖が含まれています。
上記ガムと同様に飲めば飲むほど、さらに水を身体が欲するようになり
結果唾液がなくなってしまいます。


噛んでいいガム、ダメなガム

ガムの香料より唾液の効果で口臭は抑えることを最優先に考えることをおススメします。

砂糖入りのガムは虫歯のもとです。
シュガーレスなどの、キシリトールを使用することをおススメします。

ただ、注意点として、
キシリトールに含まれる口臭予防の含有量が少ないため、
噛めば簡単に予防になると考えない方がよいでしょう。

そもそもガムを噛まないようにするか、
虫歯にならない歯の健康を保つかが大切です。


500人以上が実践のわずか3日間の口臭改善法

口臭対策をするには、ガムなどを噛むことを止めることが大切です。
大抵のガムには砂糖が含まれています。

噛んでいて気持ち良い気分にはなれますが、
ますます口臭を発生させる原因になっています。

口臭を今すぐ改善したい方に必見の
口臭対策の正しい方法と500人以上が実践してきた体質改善プログラムをご紹介します。

あなたも、今すぐガムを噛むことを止めて、
口の健康も保ちながら健やかな日々を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ