「虫歯」「歯周病」が口臭を発生させる原因とメカニズムとは


人生で一度は「虫歯」になったことがあると思います。

小さいころ虫歯になり、虫歯治療のため、
歯医者へ行くも、怖くて何度も抵抗した経験があります。

しかし、虫歯を放置していると歯に異常をきたすだけでなく
口臭を発生させる菌まで増殖させることになります。

虫歯より進行が重篤な歯周病でも
口臭が発生してしまいます。

この記事では、虫歯や歯周病時の口臭が発生する原因とメカニズム。
口臭を根本解決させる改善法までご紹介していきます。


虫歯、歯周病時に口臭が発生するメカニズムとは

虫歯は、歯を溶かす症状。
歯周病は、歯の骨を溶かす症状。

食べ残しやケアを怠ると虫歯が起きますが、
重度の口腔疾患がある場合、歯周病が起きるもしくは
歯周病が原因で口腔疾患が起きます。

虫歯が進行すると深い穴が歯に出来ます。これを齲窩(うか)と言いますが、
その歯の内部では、嫌気性菌が増殖し、たんぱく質などを分解するため、
悪臭成分を発生するようになります。

歯周病が進行すると、深い歯周ポケットが形成されます。
その結果、嫌気性菌が増殖するようになります。

この先は虫歯と同様悪臭成分が発生することになります。

歯周病の場合、この症状が進行すると出血傾向となり、歯肉溝液中のたんぱく質の栄養成分が
嫌気性菌により分解され、各種の口臭成分を発生させることになります。


虫歯、歯周病に口臭が発生する流れについて

まず、歯肉と歯の間で下記成分が増殖します。

・嫌気性菌
・グラム陰性菌
・歯垢(プラーク)

下記成分をえさとして増殖を繰り返します。

・食物
・唾液
・剥離上皮

そして、たんぽく質などを分解することで
悪臭成分にあたる下記口臭ガスが産生されます。

・アンモニア
・メリルメルカプラン
・硫化水素

結果的に、強烈な口臭が発生してしまいます。


誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります

「虫歯」「歯周病」の口臭発生原因とメカニズムについてご紹介してきました。

虫歯はもちろん、歯周病を放置していては
口臭以上に口腔内疾患に重大な症状を起こすことになります。

口臭含めて早期に歯科へ受診することをおススメします。

それでも、口臭がなくならない人に
口臭を改善する効果的な方法をご紹介していきます。

デリケートな口臭の悩みも
誰にも知られず1人で出来る口臭改善法があります。

わずか3日間の口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、口臭の悩みを改善して、
口腔内の健康を維持して、いつまでも笑顔で過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ