精神科疾患と口臭の関係とは。免疫機能、生理機能の障害により口臭発生


精神科疾患、つまり心の病。

常にイライラしたり、心に余裕がなく、
精神的に不安定になってしまう。

「心が不安定になる」状態を自律神経で言う副交感神経優位と呼ばれます。

精神科疾患を患うと口臭発生の原因にもつながります。

この記事では、精神科疾患と口臭との関係、発生原因、
口臭を根本解決する改善法についてご紹介していきます。


精神科疾患に伴う口腔内の状態について

精神科的疾患に陥ると、合併症として自律神経失調症に陥ります。
自律神経失調症とは、自律神経のバランスが取れなくなり、身体に様々な不調をもたらす症状です。

例えば、心が不安定になり、常にイライラしたり、緊張したり。
ストレスを抱えやすくなったり、外面では目に見えない内面の問題です。

自律神経が乱れ、副交感神経優位となると、
唾液の分泌が著しく悪くなる傾向があります。

そのため、口腔内の自浄作用が働かなくなり、口臭ガス発生原因の細菌が増殖し、
結果的に、口臭を発生させるリスクが高まります。

さらに、精神科疾患の多くのケースで食生活習慣や生活習慣が乱れ、
口腔内免疫機能の低下や唾液の分泌能力低下などの口腔内生理機能障害を引き起こし、
生理的口臭が起こるようになります。


精神科疾患のもう1つの副作用について

精神科疾患の場合、精神薬を長期常用するケースが見受けられます。

その結果、薬成分が血液中に絶えず存在し代謝されるため、
呼気に薬物の代謝産物の臭気が混じることになります。

薬独特の口臭であるため、薬常用者でないと発生することはありませんが、
常用しないと精神を安定させることが難しく、しかし口臭まで発生してします。

どちらを取るか、難しい選択肢になります。

さらに、精神薬の副作用として唾液分泌の抑制を受けるため、
口腔内の自浄性の低下や口内環境の悪化が起こり、呼気からも口腔内からも
強烈な口臭が発生する
ことが言われています。


誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります

精神科疾患を患った際の口臭発生の原因についてご紹介してきました。

口腔内環境の悪化、精神薬の常用による薬独特の臭気など
健康状態ではないためにおこる口臭でもあるため、口臭を改善するには時間を要する可能性があります。

口臭改善を追求しても、薬常用をやめることは出来ず、
食生活を改善する気力もないかもしれません。

さらに、心が病んでいる最中、口臭についても悩みが増し始めると
ストレスは倍かかることになります。

口臭はデリケートな悩みであり、
人に打ち明けるのが恥ずかしいという側面をはらんでいるため、
相談することも出来ず、改善が進まないケースがあります。

しかし、誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法があります。
わずか3日間で口臭を根本解決する体質改善プログラムをご紹介します。

あなたも、心の病にかかっても
生き生きと自分らしい生活を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ