口臭予防で予防歯科に通う前にできること


口臭予防として耳にするのが「予防歯科」
あなたは正しい予防歯科をご存知ですか?

予防歯科の正しい通い方と
予防歯科を通う前にできるセルフケアについてご紹介したいと思います。


予防歯科は年1回では足りない

予防歯科でデジタルケアを受けるのは当たり前になりつつある昨今。
定期ケアの目安というのがあります。

意外にも年1回が目安のように思われがちですが、
実は、3か月に1度が適切な目安になります。


虫歯が減ってきた理由

予防歯科は、3か月に1度の頻度で通うのが適切であることが分かりました。
それ間にできることは何があるのでしょうか?

虫歯予防には、「フッ素」「食習慣」「生活習慣」を考える必要があります。

虫歯は、虫歯菌が出す酸によって歯が溶ける病気です。
この虫歯という病気が他の病気と決定的に違うところは
「空いた穴は決して二度と元には戻らない」という点です。

虫歯治療は、削って詰める、かぶせる、最悪は抜歯です。
これらの治療を未然に防ぐためにもセルフケアはとても大切です。

最近では、口臭予防としてフッ素入りの歯磨き粉も出回っており、
食生活も改善され、虫歯になりにくい環境になりつつあります。

加えて、虫歯による口臭も減る一方で、
虫歯以上に問題の口臭が存在します。


最強の毒性を持つ歯周病原因菌

歯周病は骨を溶かす病気です。かかったら治療するしかありません。

歯周病は、細菌が毒素によって歯茎、歯を支える骨が腫れたり溶けたり
歯周病の治療の代表的なのが、歯石取りです。

しかし、熟練した経験者による治療が必要ですが、熟練した歯科衛生士が少ないとされています。

そのためにも、虫歯、歯周病にかからないために
セルフケアは重要な治療になります。


どうやって歯と歯の間を磨くか

歯周病は細菌で起きる病気です。
細菌が吐き出すカスを取り除く必要があります。

そのほとんどが歯と歯の間にたまるとされています。
歯と歯の間を磨くためには、デジタルフロスが効果的です。

予防歯科でも行うことができますが、
まずはセルフケアから始めましょう。


口臭を最短3日間で改善する体質改善プログラム

口臭予防も前にできるセルフケアについてご紹介しました。
セルフケアの方法にはいくつかありますが、その中で効果的な方法をご紹介しました。

セルフケアはあなたの努力によっていくらでも歯を守ることができます。
反面、手を抜くと治療が必要になるほど深刻な歯周病になる可能性も高くなります。

歯周病による口臭もなかなか改善できません。
話すたびに口臭が気になることになるでしょう。

そのためには、セルフケアが重要ですが、
より具体的な方法をご紹介します。

わずか3日間で根本的に改善する体質改善プログラムとは?

あなたも、虫歯、歯周病にならない体質を手に入れて
健康で健やかな日々を取り戻したくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ