口臭の臭いの正体をご存知ですか?


自分では感じない「口臭」
しかし、友人や恋人から口臭が臭うよ。と言われ始めて気づくケースは結構あります。

それほど自分の口臭は気づかないものです。

では、この口臭の臭いの正体は何なのか。
考えたことはありますか?

知らない間に相手に害を与えている「口臭」の正体を暴き、
主な口臭の発生原因をご紹介いたし、口臭の改善につながることを期待いたします。


口臭の臭いの正体

まず、口臭の臭いの正体についてですが、
代表的な3つについてご紹介します。


メチルメルカプタン(Ch4SH)

メチルメルカプタンは、「腐った玉ねぎのような臭い」という表現をされる
硫黄系悪臭物質の1つです。

メチルメルカプタンが発生する主な場所は、
舌の舌苔という部分で、食事カスや口内の粘膜の剥がれたものなどを
エサとして、嫌気性菌や一部の酵素により発生します。


ジメチルサルファイド((Ch4)2S)

先にご紹介した「メチルメルカプタン」が舌苔から発生する口臭であれば
この「ジメチルサルファイド」は、呼気由来の口臭とされており、
胃や食生活が原因で臭いが発生します。

ジメチルサルファイドは、新陳代謝ではがれた粘膜上皮やタンパク質成分が分解されて
揮発性硫黄化合物となるものであるため、胃や腸の中から臭いが出たりします。


硫化水素

硫化水素は、温泉の匂い、腐卵臭、青酸ガスに次いで毒ガスとされています。
このような毒ガスが微量にせよ、口の中から発生しており、体に害を与え続けています。

硫化水素は、歯ぐきを溶かす強い作用があり、虫歯の原因、さらには歯周病の原因ともされています。
臭いの強い物質であり、慣れると自分ではなかなか気づかないのが口臭の恐ろしいところです。
細菌では、癌の原因である活性酸素を増やしたり、細胞核の DNA を切断することも分かってきました。


口臭の主な発生原因

口臭の主な発生原因には、いくつか原因が考えられますが、
代表的なものが「口腔内乾燥」です。

つまり、唾液が必要十分ではない状態です。

唾液は口臭の臭いを抑える、消すのにとても重要な役割を果たします。
この唾液が減ることで口臭が発生します。

唾液は、極度の不安状態や緊張状態になると出が悪くなります。
そのため、プレゼンやスピーチ時に喉が渇く経験をしたことはありませんか。
唾液が減って口腔が乾燥している証拠です。

唾液を常に必要十分に保つことが口臭改善、さらには虫歯予防
歯周病予防にもつながります。


口臭を最短3日で改善する方法

口臭の臭いの正体から口臭の発生原因までご紹介してきました。

口臭の厄介なところは、口臭に慣れてしまい自分ではなかなか気づけないところです。

人に指摘されて初めて気づくのは恥ずかしいですよね。
出来れば事前に改善しておきたいと考えるのが普通です。

口臭を自宅にいながら最短3日で改善する方法があります。

あなたも、口臭を改善し、
口臭の苦しみから抜け出したくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ