口臭の症状が重症だと判断できるサインとは?


口臭(口の臭さ)は誰でもある生理的な現象です。
誰にでもある口臭は、中には口臭を気にしすぎる人もいます。

気にし過ぎる人の中にある行動を取る傾向が見られます。

口臭は、ある種「思い込み」が増幅されて
口臭がなくなっていたとしても口臭があるかのように錯覚を覚えてしまう時があります。

ここでは、口臭の症状が重症である人の行動と
口臭改善法をご紹介したいと思います。


口臭を気にする人の行動とは?

口臭が気になる人は、相手の行動を観察します。
観察して、臭そうにしてないか、不快になっていないか、相手の顔色をうかがいます。

相手のちょっとした行動、例えば、
・鼻に手をやる
・距離を置く仕草を見せる
・会話中の顔色が変わる

上記の行動が見られた場合、相手に迷惑をかける口臭のサインと考え、
口臭に不安を感じ始め、会話をしていない時でも周囲の行動を常に意識してしまいます。


さらに口臭が重症と判断できるサインは?

最初のうちは、会話している時に目の前の人が上記行動を取ることで、
口臭に問題があると判断していたのが、次第に1M先の人の行動も気になり始めます。
さらに、満員電車やエレベータにも乗れなくなるほどに。

周囲を取り巻く不特定多数の人の行動まで気になりはじめると
口臭に対する意識は重症であると考えられます。


口臭は口の病気であり心の病気でもある

口臭の共通する症状は、「関係妄想」、「恐怖症」とも呼ばれ、
あたかも精神疾患の症状のように思われがちです。

しかし、口臭不安は誰にでも起きる現象です。

口臭に限らず、人に言えない外見上のコンプレックスがあれば、人目が気になるのは当然です。
これがひとたび悩みに変わると病的に周りが気になり出します。

「相手が咳払いしたりすると不安」
「なんか臭くない?と聞くだけで自分の口臭のことを言われているのではと思う」
「会話中に相手が下を向いたり顔を逸らしたり、目線を外したりすると自分に口臭があると思う」

しかし、気にしなければそれらすべての行動も
自分に置き換えることはなくなります。

口臭に対する不安や心配があるから、相手の行動を意識してしまい関係妄想が起きてしまう。
口臭の症状が気になりはじめると、それは心の病気にいつしか変わっています。


わずか3日間の誰にも知られずに出来る口臭改善法

口臭の症状から重症だと判断できるサインについてご紹介しました。

口臭のほとんどは「思い込み」から始まるケースがあります。
それがエスカレートして、悩みに変わり心の病気にまで発展してしまいます。

口臭を必要以上に気にするがゆえに
本来ない口臭まであるかのように判断してしまっています。

しかし、それでも口臭がある、口臭をどうにかしたい!という方に
誰にも知られず自宅で簡単にできる口臭改善法をご紹介します。

わずか3日間でできる体質改善プログラムとは?

あなたも、口臭の悩みから解放されて、
相手の行動を気にしなくて済む当たり前の生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ