人に言えない悩み「病的口臭」が発生するメカニズムと原因とは?


口臭に悩まされてはいませんか?
口臭には大きく分けて2種類に大別されます。

・生理的口臭
・病的口臭

生理的口臭とは、人間が生活を営む上で起こり得る口臭です。
例えば、加齢臭や生理の時に発する臭い。食べた後に漂い口臭などが挙げられます。

これに対し、病的口臭とは、口腔内の「病気」を主として発症する口臭です。

生理的口臭と異なり病的口臭は治療を必要とする口臭であるため、
発症すると治るまで相応の時間がかかってしまいます。

ここでは、この病的口臭が発生するメカニズムと原因についてご紹介し、
口臭を改善するプログラムまでご紹介したいと思います。


病的口臭が発生するメカニズムとは?

病的口臭は、歯周病や虫歯など歯の健康、口の健康を脅かす厄介な口臭です。

歯周病、虫歯といった細菌が原因で起こりうる歯の病気は
口臭も同じく細菌の増殖によって発生します。

歯周病は骨を溶かす病気、虫歯は歯を溶かす病気、
どちらにも共通するのが、甘いものや細菌が好むカスを食して増殖します。

口臭も同じく残りカスを餌に増殖します。

長期に歯を磨かないことでおくと、歯周病が悪化するよりも口臭を引き起こす菌の増殖が
顕著に見られたという結果があります。

このことから、長期に歯を磨かない場合は、
歯周病リスク以上に口臭がひどくなる可能性があります。


病的口臭の原因となる病気について

病的口臭には大きく分けて3つの発生原因があります。


口腔内での病的口臭

歯科疾患(歯周ポケット、カリエス部位、口内炎)、口腔内衛生(歯垢(プラーク))、
ペリクル、唾液、舌苔(ぜったい)


鼻腔内での病的口臭

耳鼻科疾患(鼻炎、副鼻腔炎)、アデノイド、咽頭炎、扁桃腺炎、


呼気による病的口臭

飲食物(ニンニク、ニラ、アルコール)、投薬品(アリナミン、ビタミンB1、漢方)
内科疾患(糖尿病、腎不全、肝不全、腸閉塞、アレルギー性疾患)、


わずか3日間の口臭を改善する体質改善プログラムがあります

病的口臭の発声メカニズムと病的口臭の原因となる病気についてご紹介してきました。

病的口臭は生理的口臭に比べて、一度かかると改善まで厄介な口臭であり、
歯の健康、さらには日常生活までを脅かす病気です。

発見したら放置せず早期の対策をおススメします。

しかし、口臭は人に相談しづらいデリケートな悩み。
特に女性は人に話すことも相談することも難しいと思います。

そのため、自宅で1人誰にも知られず口臭を改善する方法をご紹介します。
わずか3日間で口臭の根本原因を改善する体質改善プログラムとは?

あなたも、病的口臭から早期におさらばして
病気に脅かされない健康的な生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ