不快な口臭はどのようにして発生するのか?仕組みと発生事例


口臭は誰でも発生する臭いです。
口臭の発生で悩まされている方は多くいます。

では、口臭はどのようにして発生するのか、
その仕組みを考えたことはありますか?

口臭の発生の仕組みを理解することで口臭の改善法も見えてきます。

ここでは、口臭の発生メカニズムと
口臭改善の方法までご紹介したいと思います。


不快な口臭が発生する仕組み

口臭は大抵食べ物を摂取することにより発生する臭いです。

食べ物は、消化器官の入り口である口をはじめ、それぞれの消化器官で
種々の酸素やバクテリアの作用によって分解され、吸収されることで生体維持のために消費されます。

その過程で種々の生体ガスが生まれ、それが体外へ発散された時に臭い(口臭)となって発生します。

口臭が不快になるのは、タンパク質、アミノ酸が嫌気性菌(酸素を嫌う菌)によって
酵素的に分解されてアミン、アンモニア、インドールなどが発生しているためです。

また、タンパク質の構成アミノ酸のうち、硫黄含有アミノ酸であるシステインやメチオニンは、
生体内にある嫌気性菌により分解されて、発揮性硫黄化合物(VSC)である硫化水素、
メチルメルカプタンなどに生成されます。

メチルメルカプタンとは、代表的な口臭の臭いであり、
玉ねぎの腐った臭いと表現されることがよくあります。


健康であっても口臭が発生する例

健康であっても糖分やアミノ酸を含む食事をすると、グルコースやグルタミン酸などが
嫌気的に分解されて生じる酢酸、酵素等のため酸っぽい不快な臭気が発生します。

また、大量のアルコールを摂取した時に出るアセトアルデヒド等も
二日酔いの時に感じる悪臭の正体です。

口臭は無臭こそ健康の証ですが、何かをきっかけに口臭が発生する場合があります。
これは身体の異常を示すサインと捉えても問題はないでしょう。

人間の体臭は理由があって発生します。
臭いを放置せず、重症だと感じたら早期に診ることをおススメします。


糖尿病を患っている時に発する口臭

インスリン欠乏症である糖尿病などでは、脂肪代謝の最終産物であるアセトン(発揮性ケトン体)を
発生し、甘ったるい柿の腐ったような口臭を発生させます。


1人こっそり誰にも知られず出来る口臭改善法があります

不快な口臭の発生メカニズムと健康でも発生する口臭についてご紹介してきました。

口臭は、身体の変化を表す重要なサインです。
食べ物を摂取した後はほぼ必ず口臭は発生しますが、
それ以外での口臭は理由があります。

早期の口臭改善をおススメします。

しかし、口臭の改善法が分からず、恥ずかしくて誰にも相談できない。
そんなあなたに誰にも知られず1人で出来る口臭改善法をご紹介します。

わずか3日間の口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、不快な口臭ともおさらばして、
口臭を気にしない健やかで当たり前な日々に戻りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ