誰にでも起こる生理的口臭の起床時口臭と発生メカニズムについて


生理的口臭とは、口腔内にも特に病的疾患が見られない、
健康な人でも、精神的、衛生的観点から各臓器の機能が一時的に悪化し、
口臭が発生する疾患のことを言います。

一度は経験したことのある口臭を生理的口臭に分類されます。

生理的口臭の厄介なところは、
自覚症状が出始めると、口臭が発生していなくても発生しているように
思い込んでしまう点。精神疾患に近い症状が出始めます。

そのため、口臭といっても精神的なケアも同時に必要となります。

この記事では、生理的口臭の特に発生しやすい起床時口臭と
口臭を根本解決する改善法をご紹介したいと思います。


起床時口臭は誰にでも起こる口臭

口臭を抑える役割を担っているのが人間の「唾液」です。

口腔内が乾燥してしまうと口臭ガスを発生する菌の増殖が加速し、
会話する度に口臭が発生してしまいます。

睡眠中は唾液の分泌が著しく抑制を受け、また口腔内の乾燥も起きるために
平常時に存在する菌は増殖を繰り返し、寝起き時に菌がピークを迎えます。

結果、起床直後の口臭がひどく臭うのはこのためです。

口の中の口腔内環境が最悪な状態であることが分かれば、起きてすぐに唾液を吐き捨て
うがい、歯磨きをすることがとても大切です。

さらに、起床時の唾液には、インフルエンザなどを引き起こす、
粘膜に侵襲性をもつ細菌なども増殖すると言われています。

起床直後の歯磨きは、歯周病や虫歯の予防だけでなく
インフルエンザや風邪などの予防にもなると言われているため、欠かさず行うようにしましょう。


ダイエット中、空腹時、食後の口臭も生理的口臭

空腹時、食事後に口臭が発生するのもすべて生理的口臭の部類に入ります。
また、ダイエットなど身体運動を行った後にも感じる口臭も同様です。

口腔内には腸内と同じように、病原菌からの感染を防ぐための重要な役割を担っている。

これらの菌は、絶えず唾液に浮遊し、唾液を介して臭気を発生させています。
通常、安静時には唾液に流れがあるため、歯周病や出血など病的な要因がない限り、
ひどい口臭にはならないが、唾液の流れが止まると常在細菌の活動に応じて臭気が発生してしまいます。

自然状態で最も唾液中の細菌数が減少するのは食後だと言われています。

歯を磨く、クリニックに通いプラークを取ってもらう、殺菌剤でうがいするなど
様々なケアを試してみても非常に多くの菌が増殖してしまいます。


誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります

生理的口臭の発生メカニズムについてご紹介してきました。

誰もが一度は感じたことのある口臭は、起床時、食事後など
決まって口臭が発生しやすくなる口腔内に問題があります。

歯を磨くやクリニックに通うなどの対処法はありますが、
口臭の根本解決にはつながっていません。

さらに、口臭は人に相談しづらく、特に女性は、
デリケートな悩みなだけに1人で悩むケースが多い傾向にあります。

そこで、誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法をご紹介します。
わずか3日間で口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、生理的口臭を改善して、
口臭に悩まない健やかな生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ