女性特有の思春期・更年期・生理中の口臭とは。発生原因と仕組み


女性特有の身体の変化に応じて口臭が発生します。

女性にとって「臭い」は恥ずかしいもの。
どうにかして消し去りたい。

しかし、そう中々上手くいかない。
デリケートな悩みなだけに誰にも相談できない。

そこで、誰にも知られず1人で出来る口臭改善法があったら?

この記事では、女性特有の思春期・更年期・生理中に発生する
口臭の発生原因と仕組みと口臭改善法についてご紹介していきます。


各器官から分泌されるホルモンの役割

身体は、生命維持のため、リンパ、血液を各器官に送り込んでいます。
さらにもう1つ、重要な要因があります。それが「ホルモン」です。

ホルモンは、身体の外に汗や液体といった作用とは違い、血液に乗って身体全体を循環します。
内分泌とも呼ばれ、身体の成長や各器官の安定した維持活動に作用しています。

思春期や衰退の時期(更年期)には、このホルモンの分泌量が大きく変化するために、
人によっては心身の不調を訴えることがあります。


女性特有の口臭が存在する

このホルモンのバランスが崩れ、心身に不調を訴えるのは
男性より女性の方が影響は受けやすく、思春期からは生理が始まり、
それからは毎月ほぼ等間隔で生理が繰り返され、やがては生理がなくなり更年期へ移っていきます。

女性は、自律神経によってホルモンの分泌をコントロールしており、
心身ともにベストな状態を保っていますが、この分泌量が崩れると
様々な身体の不調を訴えるようになります。

この状態は各器官に影響するため、全身の機能が一時的に不調になったり、
疲れやすくなったり、汗をかきやすくなったり、立つとめまいがしたり、
顔だけが火照ったり、食欲不振になったり症状は多岐に渡ります。

それと同時にメンタルも憂鬱になったり無気力になります。
その結果、食生活や生活習慣が不規則になることもあります。

さらに、不規則になると体調は悪くなり、
さまざまな要因と絡んで生理的口臭を引き起こしやすくなってしまいます。


特有のホルモンと口臭について

また、思春期など血液中に大量の性ホルモンが分泌される時期には、
血液中の性ホルモンが分解された後に呼気に吐き出されるため、特有の口臭が発生します。

ホルモンバランスの変化によって、自律神経失調症候群の発生リスクや度合は個人差があり、
ひどい場合は一時的に生活に支障をきたすほどになることが言われています。

また、精神的に不安定となり、精神的不安定は脳下垂体に信号伝達され、
さらに体の調子を狂わせるという悪循環を起こすこともあり、口臭の発生原因も複雑になって、
呼気からだけでなく口腔内からも発生することが多くなる傾向があります。


誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法があります

女性特有の口臭発生についてご紹介してきました。

ホルモンのバランスや生きていく中での身体の変化は避けようがありません。
そのため自然と誰もが口臭を経験することになります。

口臭が発生するから諦めるのではなく、
口臭が発生しても改善の道を探る努力は無駄ではありません。

しかし、口臭は人に相談しづらく、特に女性は、
デリケートな悩みなだけに1人で悩むケースが多い傾向にあります。

そこで、誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法をご紹介します。
わずか3日間で口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、女性特有の口臭を改善して、
生き生きとした女性らしい生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ