入れ歯や詰め物の不適合によっても口臭は発生?原因と口臭改善について


歯科治療、虫歯治療の結果、
「入れ歯」もしくは「詰め物」を施すケースがあります。

どれも虫歯拡大を防ぐためにとても大切な処置ですが、
しばしば、不適合だったり清掃不十分な場合、口臭が発生する原因となっています。

虫歯だけでも病的口臭の発生リスクが高まるにも拘わらず
不適合によっても起きるとなると口臭から抜け出せなくなってしまいます。

この記事では、入れ歯や詰め物時に発生する口臭の発生原因、
口臭を根本解決する改善法についてご紹介していきます。


「入れ歯」「詰め物」の口臭発生原因について

欠損した歯を補うために、入れ歯の処置が施されます。
また、虫歯治療後、穴が開いた部分に詰め物を入れます。

これらは、虫歯拡大を防ぐための重要な処置であり、
これらの処置がなければ治療完了とは言えません。

しかし、入れ歯や詰め物が不適合だったり、口腔内清掃が不十分だったりする場合、
嫌気性菌のプラーク(歯垢)を形成して、結果として悪臭成分が産生されるケースがあります。

入れ歯、詰め物時、隙間が出来てしまうと
その間に歯垢が堆積し、たちまち菌が増殖し、口臭ガスが産生されます。

口腔内洗浄が不十分な時も同様に口臭ガス発生の原因になります。

隙間が出来るということはほぼありませんが、
歯垢を溜める原因になることが、つまり口臭発生につながるため
セルフケアを十分に、定期的なデジタルケアにも受診することがおススメです。


体調が悪くても口臭は発生してしまう

体調が悪い時、口臭が少しすることを感じたことはありませんか。

体調を崩し、熱性疾患や免疫力が低下した時などは、舌苔(ぜったい)と呼ばれる
舌背表面に細菌性の白か黄色の苔状の推積物が形成されます。

舌苔や口内炎ができた時にも口臭の発生原因だと言われています。

最も多く見られる、表面が白か黄色の膜で覆われ、周りが赤くなった状態になる、
「アフタ性口内炎」も細菌が増殖している状態です。

このような場合も代謝産物として、悪臭成分が作られる原因の1つだと言われています。


誰にも知られず1人こっそり出来る口臭改善法があります

入れ歯、詰め物および体調が悪い時にも口臭が発生する原因についてご紹介してきました。

しっかりとした、セルフケアにデジタルケアを行っておけば、
虫歯にはほとんどならないはずですが、虫歯になった場合、歯に違和感を覚えた際は
無理せず、病院で診てもらうことが先決です。

歯を削るだけで解消できる問題ならまだしも神経まで達していたら
問題は大きくなってしまいます。

口臭改善についても早期対応が求められます。

しかし、口臭は臭いの中でもデリケートの問題で、
なかなか人に相談するのが恥ずかしいという厄介な側面をもっています。

そのまま放置してしまい、重大な問題になっている時にはすでに手遅れ、
ということも起こり得ます。

そのためにも、自宅に居ながら誰にも知られず出来る口臭改善法をご紹介します。
わずか3日間で口臭を根本解決させる体質改善プログラムとは?

あなたも、口臭の苦しみから抜け出して、
歯の健康も守りながら口臭を撃退したくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ