口臭の不安が引き起こす「ストレス」からくる口臭があるのを知ってますか?


  • 私は口臭があるのではないか
  • 周りに迷惑をかけているのではないか

日に日に口臭に対する不安が募りストレスとなっている。

そんな方もいると思います。
しかし、ストレスが原因で口臭が発生するケースもあります。

つまり、元々口臭がなくても、
不安が募りストレスが増えることで口臭が発生するというメカニズムです。

このメカニズムを知っても、口臭に対する不安は消えないのが
口臭の厄介なところです。

この記事では、ストレスによる口臭発生のメカニズムと
自宅で出来る口臭改善法についてご紹介していきます。


ストレスと口臭の関係について

口臭に対する不安が募ると、そのことが頭から離れず、
いつしかストレスとなって精神的にも身体的にも症状が現れることになります。

ストレスを抱えると人間は自律神経系のバランスが崩れます。

つまり、病気でもないのに口腔内の自律神経系の機能が不安定になり、
生理的口臭が起こりやすくなります。

その結果、ストレス時の症状として見られる、
逆流性食道炎や生理不順、食欲不振(食生活の極端な乱れ)、
代謝機能の低下などが生じて、口臭が起こりやすくなります。

普段発生しないような生理的口臭が慢性化してしまうケースもあることが言われています。


ストレスと口腔内生理機能について

さらに、口腔内では自律神経系に異常が見られると
口臭の発生に関係している唾液の分泌機能や唾液の循環(唾液を分泌して飲み込むサイクル)、
唾液の質に影響を与える
ことまで言われています。

口腔内の異常についても、その生理機能が上手く働かず
生理的口臭が起こりやすくなった結果だと言えます。


交感神経系優位の口臭について

自律神経系には、「交感神経系」「副交感神経系」の2種類が存在します。
リラックスしている時は「副交感神経系」優位となり、ストレスは感じていない状態になります。

一方、「交感神経系」優位になるとストレスやイライラ、緊張状態時に
優位になる自律神経です。

この交感神経系が優位になると、緊張時(ストレス性)口臭が
非常に起こりやすくなる
と言われています。

このストレスを感じた状態「交感神経系」優位に偏り
自律神経のバランスが崩れないためにも、改善が必要となります。


誰にも知られず1人自宅で出来る口臭改善法があります

ストレスと口臭の関係についてご紹介していきました。

現代社会において、ストレスを感じないことはないと思います。
しかし、ストレスを抱えるのに、口臭まで悩み始めると
内面的にも外面的にも輝きが薄れてしまいます。

「口臭を改善したいのに方法が分からない」

そんな方に、自宅で出来る口臭改善法をご紹介します。
わずか3日間の口臭を根本解決する体質改善プログラムとは?

あなたも、口臭を改善して、
ストレスフリーの輝いた人生を取り戻したくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ